智辯進学スクールは、国公立医学部に強い進学塾です。受験対策から弱点克服、定期テスト対策までおまかせください。

 

ブログ「てっきゅう先生のここだけの話」

 

中谷哲久先生のブログ「哲久先生のここだけの話」

中谷哲久先生のブログ「哲久先生のここだけの話」
フォーム
 
好評のありがとうシール
2016-02-26
哲久のありがとうシールです。
ちょっと貼っておくだけで気分がよくなります。
 
お守りの効用
2016-02-25
今日から前期試験です。今年も国公立医学部に塾生たちが挑戦しています。毎年 お守りの鉛筆とシャープペンシルをプレゼントしています。これが評判よく このシャーペンを使ったら 緊張せず 落ち着いて試験に臨めたと、報告があります。鰯の頭も信心からじゃないですが ちょとした拠りどころとなるものがあるといいですね。 
 
「無駄な努力はするな」と言われても・・・・・・・・
2016-02-24
「無駄な努力はするな」と言われても 何が無駄なのかが分からないというのが現状ではないでしょうか。学習、受験勉強でも スポーツとおなじように 信頼のおけるコーチが必要ですね。いいコーチに付いて トレーニングしてもらうことが必要です。一人で無手勝流でやるのは危険だと思います。まずはコーチ探しから。
 
合格・不合格の差
2016-02-23
合格 不合格 その差って何? 成績が少々劣っていても合格する人っていますよね。いわゆる本番に強い人って どこが違うの?
実は日頃の行動習慣の小さな差なのです。
くよくよしないでおおざっぱに行動する楽天的な要素と細かいことが気になり くよくよ思い悩む悲観的要素のバランスの微差なのです。
私の経験から 楽天的要素65パーセントに対して悲観的要素35パーセントが絶妙なバランスだとおもいます。
受験のみならず運のいいといわれる人の基本のように思います。1日の行動を振り返って 箇条書きに 楽天行動・思考、悲観的行動・思考を挙げて そのバランスを確かめてはいかがでしょう。
 
面接の基本
2016-02-22
人道的 倫理的であることに尽きます。極論はNGです。優しさ 礼儀正しさ 思いやり 正確な言葉使いなど 日頃から人格を高める自己プロデュースが必要です。付け焼き刃ではボロが出ますから。
 
筆記体について(2)
2016-02-20
昨日 英語の筆記体について書いたところ すぐに2人から 報告がありました。
ある保護者の方から「英語の若い教師で まともに筆記体が書けない人がいます。びっくりポンでした。筆記体とブロック体が混ざって無茶苦茶でした。」という情報を頂きました。また 生徒から「筆記体で答案を書いたら スペルの間違いに先生が気が付かず 正解としてくれて 得をしました。」という情報です。学校教育の現場 かくのごとし まさしく びっくりポンです。
 
英語 筆記体について
2016-02-19
筆記体を使うと 単語をアルファベット単位ではなく ひとかたまりの図として 指先から頭に入っていき 暗記しやすいからです。筆記体を教える学校が大変少なくなりましたが いかがなものかと思います。
 
鉛筆よりシャーペン?
2016-02-18
シャーペンで 丁寧にノートをかいている生徒さんは成績がいい?
エビデンスはありませんが 手先の器用さと学習能力が関連しているのかもしれません。シャーペンで筆圧を微妙に調整できることが 勉強にも関連しているように思います。幼い頃から手先が器用になる練習が必要でしょうね。ちなみに、私のお勧めはクルトガ(三菱鉛筆)と三菱ユニ ナノ芯0.5mm2Bです。
<<智辯進学スクールプラス>> 〒640-8341 和歌山市黒田2-2-22 SKファーストビル405
TEL:073-474-8888